スポンサーリンク

映画「ブラック・ジャック 劇場版」無免許の天才外科医が挑戦する新種の殺人ウイルス

3.5
映画「ブラック・ジャック 劇場版」カバーバナーアニメ

Amazonプライムビデオで「ブラック・ジャック 劇場版」を見ました。新種ウイルスを扱った内容だたこともあって興味があって見たんだけど、やっぱり激渋でした。


©手塚プロダクション/松竹

1996年11月30日に公開された「ブラック・ジャック」の劇場版アニメ。原作は「鉄腕アトム」「火の鳥」の手塚治虫。監督は「劇場版 AIR」「劇場版 CLANNAD クラナド」の出崎統。

あらすじ

1996年のオリンピックで驚異的な新記録が次々に打ち立てられ、世界は「超人類の出現!」と囃し立てる。さらに「超人類」たちの活躍は芸術や科学の分野にもおよび、世界は「超人類」たちのおかげで飛躍的な進歩を遂げようとしてた。しかし同じ時、ブラック・ジャックは90才の老人のように使い古された内臓を持つ少女の死に立ち会い、愕然となる。超人類たちとこの少女との間に隠されていた陰謀の魔の手が、真相を突き止めようとするブラック・ジャックに伸びる…。(C)手塚プロダクション/松竹(関連サイトから引用)



原作漫画

漫画の神様・手塚治虫。全身傷だらけの天才的外科医ブラック・ジャック!その驚異的なメスさばきは、つぎつぎと不可能を可能にしていく!現代社会にするどくメスを入れる医学ロマン!昭和52年第一回講談社漫画賞受賞作品!

登場人物

  • ブラック・ジャック(大塚明夫)
    無免許の天才外科医。法外な費用を請求することで有名で、医学会では軽蔑される存在だが、技術の高さは認められている。過去に手術を成功させた少女が再発したと聞き、ピノコがキャロルに誘拐されたことで脅され、セントジョエル研究センターで行われている超人類を救う研究に参加することになる。
映画「ブラック・ジャック 劇場版」ブラック・ジャック(大塚明夫)
©手塚プロダクション/松竹

  • ピノコ(水谷優子)
    ブラック・ジャックと同居しているお調子者の幼女。一人称は「アタチ」。ブラック・ジャックの身の回りの世話や、手術のサポートまでこなす、ブラック・ジャックにとって唯一心を許せる存在。
映画「ブラック・ジャック 劇場版」ピノコ(水谷優子)
©手塚プロダクション/松竹

セント・ジョエル研究センター関係者

  • ジョー・キャロル・ブレーン(涼風真世)
    セント・ジョエル研究センターの主任ドクター。「ブレーン製薬」会長の養子。超人類と呼ばれる規格外の人たちが死ぬ超人類を後天的に進化させることが出来る新薬「エンドルフ・アー」を開発した張本人。ブレーン製薬によって人工的に天才を造るため、優秀なDNAから人工授精で生まれた女性。
映画「ブラック・ジャック 劇場版」ジョー・キャロル・ブレーン(涼風真世)
©手塚プロダクション/松竹

  • エリック・カデリィ(星野充昭)
    セントジョエル研究センターに集められた脳外科医。ブラック・ジャックとチームを組む。実はMSJのメンバーで、キャロルが非道な人体実験を行っていることを知り、ブラックジャックにその様子を録画したビデオを渡す。父がセビ砂漠の遊牧民で、ブラックジャックをエンドルフ・アーの工場へ案内する。
映画「ブラック・ジャック 劇場版」エリック・カデリィ(星野充昭)
©手塚プロダクション/松竹

  • ベティ・マッコール(中尾暢樹)
    セントジョエル研究センターに集められた麻酔医。ラック・ジャックのチームに参加する。エリックと同じくブMSJのメンバー。
映画「ブラック・ジャック 劇場版」ベティ・マッコール(中尾暢樹)
©手塚プロダクション/松竹

ブレーン製薬の関係者

  • ブレーン製薬会長(青森伸)
    業界1位の「ブレーン製薬」会長。コントロール出来なくなったキャロルを暗殺しようとする。
映画「ブラック・ジャック 劇場版」ブレーン製薬会長(青森伸)
©手塚プロダクション/松竹

  • フェンディ(定岡小百合)
    キャロルの命令で誘拐したピノコの面倒をみていた。ブレーン製薬会社の命令でキャロルを暗殺しようとするが返り討ちにあう。
映画「ブラック・ジャック 劇場版」フェンディ(定岡小百合)
©手塚プロダクション/松竹

モイラシンドロームの患者

  • リサ・シーゲル(近藤玲子)
    心臓房室弁の手術をブラックジャックに受け全快するが、2年後に再発したため両親に呼ばれたブラックジャックの最術を受けるが「先生は超人類だもの、きっと私を治してくれる」と言い残し亡くなってしまう。
映画「ブラック・ジャック 劇場版」リサ・シーゲル(近藤玲子)
©手塚プロダクション/松竹

  • ニコラス・ドリス(若本規夫)
    オリンピック棒高跳びのアメリカ代表選手。7mという世界記録を樹立し金メダルを獲得したスター。モイラシンドロームを発病しセントジョエル研究センターに収容される。ブラックジャックの手術によりモイラシンドロームの原因となる**を除去することで症状は改善されるが、手術前の超人類的な能力を失ったことで絶望。天井にジャンプし頭を打ちつけて亡くなる。
映画「ブラック・ジャック 劇場版」ニコラス・ドリス(若本規夫)
©手塚プロダクション/松竹

  • エレン・シュライア(折笠愛)
    短距離走の東ヨーロッパのある国の女子代表選手。100mを9秒61という世界記録を出し、金メダリストとなる。発狂し病室の壁に激突し亡くなる。
映画「ブラック・ジャック 劇場版」エレン・シュライア(折笠愛)
©手塚プロダクション/松竹

  • マイケル・ジーン
    カーレースのドライバー。モイラシンドロームのを最初に発症した患者。

その他


  • トムス・ジョンストン(秋元羊介)
    MSJ突入部隊を率いていた北米地区リーダー。精神分析医として、バンクーバーで開業している。
映画「ブラック・ジャック 劇場版」トムス・ジョンストン(秋元羊介)
©手塚プロダクション/松竹

  • 画商(安西正弘、清川元夢)
    リサ・シーゲルの絵をブラック・ジャック宅に買い付けに来た画商。リサが美術界の超人類として評価されていたことをブラック・ジャックに教える。

「ブラック・ジャック 劇場版」の主題歌

主題歌は、山根麻衣の「Invisible Love」。

視聴者の声

視聴はコチラ

Amazon.co.jp

関連サイト

ブラック・ジャック 劇場版|アニメ|手塚治虫 TEZUKA OSAMU OFFICIAL
手塚治虫公式WEBサイトです。アニメについて&#123...

©手塚プロダクション/松竹

コメント

タイトルとURLをコピーしました