映画「リトル・フォレスト 冬・春」失踪した母からの手紙

4.0
映画「リトル・フォレスト 冬・春」イメージ映画

映画「リトル・フォレスト 冬・春」をAmazonプライムビデオで視聴しました。原作漫画が大ファンだったけど映画版は未見でした。「夏・秋」「冬・春」と4パート、映画は前編後編の構成です。

橋本愛ちゃんが食べてるシーンを延々と見てるんだけど、全然飽きないのが凄い。

前編の「夏・秋」から語られていた、いち子が逃げてきた人生と「冬・春」で向き合うことになる。


映画「リトル・フォレスト 冬・春」は、2015年2月に公開された日本の映画。前編後編の後編。主演は「桐島、部活やめるってよ」「Another」の橋本愛。

Ⓒ「リトル・フォレスト」製作委員会
原作五十嵐大介「魔女」「海獣の子供」
監督・脚本森淳一CODE-願いの代償-」「重力ピエロ」「リトル・フォレスト 夏・秋
撮影小野寺幸浩リトル・フォレスト 夏・秋」「香港バタフライ」「tokyo.sora」
音楽宮内優里「アオとキイ」「岬のマヨイガ」「グッド・ストライプス」

あらすじ

”都会から東北の小さな山村・小森に帰郷したいち子(橋本愛)は、自ら農作業に励み収穫した作物や、山菜、木の実など四季折々の恵みを使って日々の食事を作る生活を送っていた。冬は雪に覆われるなど自然の厳しさに改めて直面するも、生きるために食べ、食べるために自分で作るシンプルな暮らしを通じ、自分の生き方を見つめ直していく。(関連サイトから引用)



原作漫画

「月刊アフタヌーン」で2002年~2004年にかけて連載された五十嵐大介先生の「リトル・フォレスト」が原作。

スローフードって楽じゃない。手間ひまかけて、汗かいて。だけど、そうやって辿り着いたひとくちには、本当の美味しさが満ちているのです。都会から生まれ故郷の小森に戻り、農業を営むいち子。四季折々の収穫に舌鼓を打ちながら、彼女は自分の生き方を模索する――。当世きっての漫画家が描く、本物のネイチャー・ライフ。

前編「リトル・フォレスト 冬・春」

登場人物

  • いち子(橋本愛)
    都会の生活になじめず、故郷である山あいの集落”小森”に戻ってきた。そこで一人、自給自足に近い生活を続けながら、自身や故郷、ふらりと出て行ったまま戻らない母との想い出を振り返り、自分のこれからを考えていく。
映画「リトル・フォレスト 冬・春」いち子(橋本愛)

  • ユウ太(三浦貴大)
    いち子と同じ分校に通っていた2年後輩の男性。最近、今後の小森について語るようになった。 つくしに太古の人々を思い、ロマンを語るような性格。いち子にとって小森での生活は現実から逃げているだけではないのか?と指摘する。
映画「リトル・フォレスト 冬・春」ユウ太(三浦貴大)

  • キッコ(松岡茉優)
    いち子の幼なじみの友達。いち子と喧嘩することもあるが大体、仲直りする。いち子の家によくご飯を食べに来る。いち子が小森から出て行った後は、いち子の畑を代わり世話をするようになる。
映画「リトル・フォレスト 冬・春」キッコ(松岡茉優)

  • 福子(桐島かれん)
    いち子の母親。5年前に家を出ていく。冬にいち子の元に福子から手紙が届くが、何をやっているのかは分からない。春に届いた手紙には詳細は分からないが果樹園を始めようとしていることが書かれていた。
映画「リトル・フォレスト 冬・春」福子(桐島かれん)

  • キッコの祖父(岩手太郎
    キッコが上司の悪口を言っているのを聞き、「人のズルい所が分かるのは、自分にも同じ心があるからだ」と叱る。

  • ウィリアムイアン・ムーア
    いち子が子供の頃、何度か家に遊びに来た福子の友人。いち子は福子の昔の恋人ではないと考えている。

  • シゲユキさん(温水洋一)
    冬編から5年後、小森の春のお祭りに顔を出し、いち子やキッコとの再会を喜び、懐かしむ。

視聴者の声

作品イメージ

視聴はコチラ

リトル・フォレスト 冬・春
都会から東北の小さな山村・小森に帰郷したいち子(橋本愛)は、自ら農作業に励み収穫した作物や、山菜、木の実など四季折々の恵みを使って日々の食事を作る生活を送っていた。冬は雪に覆われるなど自然の厳しさに改めて直面するも、生きるために食べ、食べるために自分で作るシンプルな暮らしを通じ、自分の生き方を見つめ直していく。(C)「...

関連サイト

http://afternoon.moae.jp/lineup/366

Ⓒ「リトル・フォレスト」製作委員会

コメント

タイトルとURLをコピーしました