映画「DEBUG/ディバグ」囚人ハッカー集団 VS 殺人宇宙船

3.0
映画「DEBUG/ディバグ」イメージ映画

スポンサーリンク
スポンサーリンク

作品紹介

2014年に制作されたカナダ映画。停止した巨大宇宙船のシステムを復旧させるため送り込まれたハッカーたち。だが、彼らを待ち受けていたのは暴走する人工知能だった。密室の宇宙船で展開するSFスリラー。2014年製作/86分

©Debug Productions Inc.
監督・脚本デヴィッド・ヒューレットル・マーシャル「U.M.Aハンター」「A DOG’S BREAKFAST」
撮影ギャヴィン・スミス「ビースト・ストーリー 選ばれし勇者」「388」
音楽ティム・ウィリアムズ「ブライトバーン」「ザ・タンク」「レッド・スカイ」

あらすじ

外部との連絡を絶った巨大宇宙船アムピトリテ号に送り込まれたカイダら若きハッカーたち。システム復旧の任務を開始するも、宇宙船の人工知能”アイアム”が突如暴走し、船に閉じ込められ次々に命を落とすハッカーたち。追いつめられたカイダはプログラム抹消のため電脳空間への侵入を試みるのだが…。


https://amzn.to/3LNQjDB

※以降は一部ネタバレを含みますので、本編を視聴した後で読むことをおススメします。

登場人物

  • カイダ(ジーナン・グーセン)
    ハッカー囚人集団の元チームリーダー。いち早く宇宙船の異常性に気づき、キャプラやメルとの衝突を恐れず事態を解決しようとする。前の任務で死人を出したためチームからの信頼は低い。
映画「DEBUG/ディバグ」カイダ(ジーナン・グーセン)
©Debug Productions Inc.

  • ジェームズ・M(アダム・ブッチャー)
    食肉企業のシステムをハッキングして破壊した罪で収監。元は士官学校で将来を期待されていたが、障害を持つマシン言語の天才児である弟が起こしたサイバーテロ行為の罪を被って収監された。カイダを信頼しサポートする。
映画「DEBUG/ディバグ」ジェームズ・M(アダム・ブッチャー)
©Debug Productions Inc.

  • メル(カー・ヒューイット)
    キャプラに取り入り、チームリーダーになる。カイダから救援するように進言されるが却下し、ポイントを稼ごうと自分たちだけで解決しようとするが手遅れになる。
映画「DEBUG/ディバグ」メル(カー・ヒューイット)
©Debug Productions Inc.

  • ディオンドラー(サッシャ・レイン)
    銀行の情報窃盗の罪により収監。
映画「DEBUG/ディバグ」ディオンドラー(サッシャ・レイン)
©Debug Productions Inc.

  • ララ・R(シドニー・リーダー)
    環境活動家で破壊工作を行った罪で収監。メルとは肉体関係がある。

  • サムソン・C(カイル・マック)
    公共データ破損の罪で収監。ネズミが大嫌い。
映画「DEBUG/ディバグ」サムソン・C(カイル・マック)
©Debug Productions Inc.

  • キャプラ(エイドリアン・ホームズ)
    囚人の監視役。宇宙船で医療行為を受けようとするが、薬物を強制的に注入され狂暴化する。
映画「DEBUG/ディバグ」キャプラ(エイドリアン・ホームズ)
©Debug Productions Inc.

  • アイアム(ジェイソン・モモア)
    巨大宇宙船アムピトリテ号のセキュリティAI。廃棄された囚人輸送船で、乗り込んできた人間を囚人と認識し閉じ込め、殺そうとする。
映画「DEBUG/ディバグ」アイアム(ジェイソン・モモア)
©Debug Productions Inc.

視聴者の声

作品イメージ

視聴はコチラ

https://amzn.to/3LNQjDB

©Debug Productions Inc.

コメント

タイトルとURLをコピーしました